ローンのある車を売るときに必要な書類

 

車を売却する時には,ローンの有無問わず、必要な書類があります。

 

●自動車検査証
●自賠責保険証
●自動車納税証明書
●実印
●印鑑証明
●運転免許証

 

の7つをそろえて準備する必要があります。

 

 

基本的にはこの7つが整っていれば売却手続きが可能になります。
しかし,これ以外にも書類が必要な場合があります。車を購入した時と住所が変わっている場合,結婚して名前が変わってしまったという場合です。
これらの場合には,住民票や戸籍謄本が必要になります。

 

二つとも自分が住んでいる役所でもらうことができる書類です。

 

他にも,車の所有者がローン会社などになっている場合には,勝手に売却することができないので,所有権の解除書類が必要です。

 

また,亡くなった両親の車をそのまま乗っていたという場合には,相続関係の書類が必要になります。
これは,ローン会社などに問い合わせることで,書類を準備してもらえます。このように,状況に応じてプラスされる書類があることを理解しておきましょう。

 

一日でも早く車売るをなら,事前にこれらの書類を準備しておくといいですね。詳しくは,買い取り業者のプロから,しっかりと説明を受けましょう。